読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの作品は神

って言われると「うわ、安い評価…」とか思っちゃう訳ですが、その作品に対する愛を伝える力はそれなりにある言葉なんじゃないかとか思ったりもします。

 でも俺は使いたくないよ!

 

という訳で俺の愛するネット小説を紹介します。

no-seen flower    (作者さんサイト)

world -memoriae-  (小説家になろう移籍バージョン)

こちらのネット小説はファンタジー長編がメインです。

いくつかの長編が同一の世界観の元にかかれています。そういうの大好物なんですよね…芝村ワールドとか奈須ワールドとか。

どれから読んでも面白いですが、世界観が一番詳しく描写されていて他との絡みが多い「Unnamed Memory」から読むと入りやすいのではないかと。

どういうお話かというと

 

「貴方がその剣の持ち主で、私が魔女である限り、いつか貴方は本当に私を殺さなければならないかもしれませんよ」 幼い頃、子供が残せないという呪いを受 けたファルサスの王太子オスカーは、二十歳になった時、大陸最強と言われる魔女ティナーシャを訪ね、その解呪を願う。それを切っ掛けに彼女を守護者として 連れ帰ったオスカーは、契約が切れるまでの一年間、ティナーシャの過去に関わる因縁に、そしてもっと大きな運命に巻き込まれて行くこととなる。

(サイトの紹介そのまま)

 

ということなんですが、基本的に会話が軽妙でサクサク読めると思います。

また、番外編的なSSが数多くあり、世界観の補強がしっかりされているのが魅力的です。後日談とか好きな人、きっといるはず。

後、このタイミングでこの作品を薦めたい理由として、作者さんが自サイトから小説家になろうに作品を移籍中のため、完結が約束されている連載を無理のないペースで読めるってことです!

どんなネット小説も完結しないと魅力半減ですからね…あれとかあれとか(言わぬが華)

 

ってことでこの作品は好き過ぎて1作品で1記事書いちゃいましたが他の作品とかもさくっとリストアップしたいですね、いつか。

 

あ、前の記事では一人称が僕だった…